Happy LIFE , Happy HOBBY

何か楽しいことを伝えたいブログ

フィルム写真の面白さ

スポンサーリンク

f:id:yz-paradise:20180127195550j:plain

 

どうも、y-paraです。

 

今回はフィルムで撮る写真の面白さについて書いてみたいと思います。

と言いますのも昨日久しぶりにフィルムで写真を撮ったのですが、改めてフィルム写真っていいなぁと思ったので、書いてみたくなりました。

 

その時のブログです

yz-paradise.hatenablog.com

 

フィルム写真の面白さ

ドキドキワクワク感

私がフィルム写真で一番面白いと思うことは現像に出して、仕上がるまでのドキドキ感とワクワク感です。

デジカメで撮ればその場で写真の出来上がりが分かりますし、家に帰れば大きいモニターで細かいところまですぐチェックできます。

これはデジカメの素晴らしい所であり最大の長所だと思います。

失敗できない写真でもその場でミスに気付いて撮り直しが出来ますからね。

「私、失敗しないので」という方は別ですが。

それに比べてフィルム写真は撮った瞬間にどんな写真が撮れてるか分かりませんし、どんな写真が撮れてるかは現像してプリントあるいはデータ化しないと分かりません。

一見不便なようですが、「ちゃんと撮れてるか」「どんな写真になってるか」ということを考えながら待ってる時間って実はすごいドキドキするんですよね。

今は世の中がすごい便利になってなんでもすぐ手に入ったりして待ち焦がれる時間が昔より格段に無くなってる、あるいは短くなってる気がします。

だからこそ余計に待ってる時間のドキドキワクワク感が楽しいのかもしれません。

 

一期一写

今思いついた言葉です(笑)

デジカメならとりあえず撮って、いらなければ消せばいいとか失敗したら撮りなおそう、という気になりますが、フィルムは枚数が限られますし、1枚あたりのコストも馬鹿になりません。

おのずと1枚撮るたびにしっかり構図を確認したりして、撮ることに慎重になります。

このことが被写体をじっくり観察することに繋がっていく気がします。

1枚当たりの思い入れはデジタルの写真よりかなり重いものなります。

だからこそ現像が終わって出来上がりを見ることがより楽しみになります。

 

フィルムを選ぶ楽しみ

現状では決して選び放題という状況とは程遠いほどフィルムの種類は減っていますが、それでもまだ好みで選ぶことは可能です。

フィルムの銘柄で仕上がりは変わりますので、被写体とフィルムの相性を考えるのも楽しいですよね。

モノクロかカラーか、フジかコダックか…色々試すのがまた楽しい。

 

f:id:yz-paradise:20170119200728j:plain

モノクロか

 

f:id:yz-paradise:20170207213508j:plain

カラーか

 

f:id:yz-paradise:20170217225722j:plain

カラーネガか

 

f:id:yz-paradise:20170217225910j:plain

カラーポジか

 

 

フィルム写真を撮るには

機材

まずはフィルムカメラを用意します。

あるいは、最近また人気が出ている写ルンです、これが一番手軽にフィルム写真を楽しめるのでおすすめです。

フィルムカメラを用意するには、ひょっとしたら家の中を探せば昔使ってたカメラが出てくるかもしれません。

もしなければ買いましょう。

フィルムカメラを買うには今はほとんど中古ということになります。

おすすめは中古カメラ専門店。

リサイクルショップやネットオークションで安く買える場合もありますが、これはけっこう博打に近いものがあります。

最初のうちは専門のお店で買われることをおすすめします。

昨日専門店を覗きに行きましたが、これからフィルムカメラを始めようとしているお客さんがいて、お店の方がすごく丁寧に説明してました。

お店としても一人でも多くのフィルムカメラ愛好家を増やすことで商売にも結び付くのですごく丁寧に教えてくれます。

最初は専門のお店で使い方を聞きながら選ぶといいと思います。

カメラの種類も骨董品のような古いカメラや(私が好きなやつ)、最近まで売っていた自動式のカメラといろいろありますが、好きなものを選べばいいです。

愛着の湧きそうなカメラを選んでください。

深みにハマってくるといろいろ試したくなってくるので、そこからは馴染みの店を作るのもよし、ネットで掘り出し品を見つけてもよし、壊れたカメラを再生させるなんていうのも面白いと思います。

 

撮影後は

フィルムを現像に出します。

現像に出すときは、紙にプリントする・データにしてもらう、のどちらかをしないと写真を見れません。

自宅にフィルムをスキャンできるスキャナーがあれば現像だけでもいいですが、結構面倒です(笑)

 

今人気なのが現像+データ化ですね。

現像して画像をデータにしてくれます。データはCDに焼いてくれたり、ネット上でダウンロードできるところもあります。

そうすればパソコンやスマホで見たり、SNSなどにもアップ出来ますね。

 

現像をお願いするお店は町の写真屋さんへ持って行ってもいいですし、ネットで注文してフィルムを郵送し出来上がったら送ってくれるというところもあります。

お店へ行ってお願いする場合はあらかじめ現像とデータ化出来るかを確認した方がいいです。

即日で出来る場合と、数日掛かる場合、そもそも現像を受け付けていない場合や現像はするけどデータ化は出来ない場合もあるようなので要注意です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デジカメでしか写真を撮らない人にとってフィルム写真ってすごい新鮮だと思います。

けっしてデジタルとフィルム写真の優劣をつけるわけではなく、デジタルの楽しさ・フィルムの楽しさは別のところにあると思いますので両方楽しめるというのはすごい贅沢なことだと思います。

正直フィルム写真は今後どうなるかは分かりませんが、もしこれからやろうという人がいればすぐ始めることをおすすめします。

そして一人でもフィルム愛好家が増えればフィルムの将来が明るくなるかもしれません。

ぜひ一緒にフィルム写真を楽しみませんか?

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

 

www.yz-paradise.com

 

 

www.yz-paradise.com

 

 

www.yz-paradise.com

 

 

www.yz-paradise.com