Happy LIFE , Happy HOBBY

何か楽しいことを伝えたいブログ

機械式時計入門で候補にあがった機種

スポンサーリンク

3日連続で時計の記事になっちゃいました。

熱しやすい性格なのでしょうがない。

逆に今まで興味を持たなかったのが不思議なくらいロマンが詰まってます。

 

という訳で先日オリエントの時計を買ったわけですが、候補にあがった機種をご紹介しようと思います。

(今後買い足す可能性も否定できない)

 

選んだのはセイコー5とオリエントの中で考えました。

まだ知識が浅く、とりあえず安心できそうなメーカーということと手軽な価格という事でこの2つから選んでみました。

(予算はお小遣いで買えそうな2万円前後(笑))

 

www.yz-paradise.com

 

 

SEIKO5

 

SEIKO5は日本のSEIKOが製造・販売するシリーズで、1960年代から続く歴史のある自動巻きのシリーズです。

1969年に同社がクォーツ式時計を発売してから機械式の国内需要が減少し、国内での販売はなくなり国外向けとして製造されています。(製造は東南アジアのようです)

国外では電池供給が難しい地域などではまだまだ機械式時計の需要があり、それに対応するシリーズのようです。

質実剛健なイメージで、種類が非常に多いのが魅力的なモデルです。

ネットで調べてもかなりの種類があるので選ぶのが非常に大変です(嬉しい)。

あと何といっても値段が安い!(1万円以下で買える機種も多い)

裏側はスケルトンになっているのでそれも素敵。

 

ちなみにSEIKO5の名前の由来は

①切れないゼンマイ(ダイアフレックス)

②耐震装置(ダイアショック)

③自動巻き

④防水

⑤デイ・デイト表示

の5つを備え持つことかららしいです。

 

それでは候補にあがった(今でも欲しい)機種を紹介。

 

 SNK789K1

 

風防素材:ハードレックスガラス

ケース直径:37mm

ケース厚:11mm

バンド幅:18mm

重量:200g

耐水圧:30m

 

とにかく安い。

デザインもシンプルでカッコいいと思います。

 

 

SNKM89K1

 

風防素材:ハードレックスガラス

ケース直径:39mm

ケース厚:12mm

バンド幅:21mm

重量:259g

耐水圧:50m

 

ブラックフェイスがカッコいい。

 

 

SNKE03K1

 

風防素材:ハードレックスガラス

ケース直径:37mm

ケース厚:12mm

バンド幅:20mm

重量:118g

耐水圧:50m

 

真っ黒で結構質感が高そう。こういうの一つ持ってるといいかも?

 

 

SNZH53JC 

 

風防素材:ハードレックスガラス

ケース直径:41mm

ケース厚:13mm

バンド幅:22mm

重量:168g

耐水圧:100m 

 

こちらはSEIKO5のスポーツというシリーズです。

スポーツは耐水圧が100mになります。

回転べセルもいいねぇ。

 

 

SNK807K2

 

風防素材:ハードレックスガラス

ケース直径:37mm

ケース厚:11mm

バンド幅:18mm

重量:59g

耐水圧:30m 

 

こちらも非常にお手軽な値段で、軽いのも魅力的。

ナイロンベルトが付いてきますが、革ベルトに替えたりして楽しむのもよさそう。

作業時用とかに欲しい。

 

 

 ORIENT

 

こちらも日本のメーカー。今はセイコーエプソンの腕時計ブランドとなっています。

デザインが結構好きで結局はオリエントの時計を買いました。

 

 

SFD0F001W0

 

風防素材:サファイアクリスタル

ケース直径:40mm

ケース厚:12mm

バンド幅:22mm

重量:175g

耐水圧:50m

 

サファイアクリスタルで、パワーリザーブ付きでこの値段はかなりお買い得なのではないでしょうか。

こちらも大本命でしたが、ベルト幅が22㎜と私の華奢な腕には少々ゴツいのと、オープンハート付きが欲しかったので見送りましたが、今でも気になる機種です。

 

 

RN-AG0008L

 

風防素材:ミネラルガラス

ケース直径:40.5mm

ケース厚:12mm

バンド幅:21mm

重量:299g

耐水圧:3Bar

 

青い時計好きです。オープンハートで素敵。

 

 

 WV0431DB

 

風防素材:クリスタルガラス

ケース直径:36mm

ケース厚:12.75mm

バンド幅:18mm

重量:200g

耐水圧:3Bar

 

ザ・シンプルなデザイン。オープンハートが素敵ですが、裏が全面シースルーじゃなかったのが残念。

 

 

まとめ

 

低予算でもたくさんの魅力的な時計が見つかりました。

SEIKO5を収集しているコレクターの方もいるようですし、手軽に楽しめる世界だと分かって安心。

「超高級時計にあらずんば機械式時計にあらず」なイメージがありましたが、私のような庶民でも楽しめる世界。

知り合いにBaby-G集めてる人いるけど、それと同じノリでできるね。

 

次はSEIKO5を買ってオリエントと比べてみたいと思います。